ECG Explorer 500シリーズで心室遅延電位測定(VLP)が可能に。

当社での検査結果レポート

判定結果

当社で、ブルガダ症候群の心電図の持ち主の営業K君をVLP検査してみました。

実は、毎年実施する会社の健診で発見されました。営業のK君ですが、ブルガダ症候群なのだそうです。VLPをとらない理由はありません。早速検査をしてみることにしました。今回はフランク誘導で測りました。VLPの結果(右記表参照)は、(-)と判定されました。

>> VLPレポート

■ VLP結果
  測定値 陽性判定基準
全心拍数 376      
計測拍数 373      
RMS40(Last 40ms) 108 μV < 20(-)
LAS40(under 40 μV) 30 ms > 39(-)
f - QRS 90   >= 120(-)
ノイズレベル 0.35 μV    

安静時12誘導心電図

1肋間上の心電図

2004年のブルガダ心電図の治療指針によると、営業K君は薬剤不要 ということで、営業に益々頑張れるということがわかりました。
患者さまに高額な金額負担をかけることなく判定ができることは、喜ばれる検査ではないだろうかと思います。 もしかしたら患者さまの中にVLPが(+)の方が潜んでいらっしゃる可能性は?

■ 参考資料
Brugada型心電図を示す例の指導・治療指針
(池田隆徳:第68回日本循環器学会特別企画、Meet the Expert、2004)