TEC'S DATA

心電図計測と解析方法について

計測について

1.初めに、500で取り込んだ10秒または任意の秒数の波形の中で、期外収縮などの正常波形ではないものを除きます。

2.心電波形を計測する為に、代表となる1心拍を抽出しなければなりません。
500は、取り込んだ○の波形を、更にMedian(メディアン)という手法を用いて、より正確な値を計算します。心電波形は、1心拍ごとに少しずつ値が違うものです。単純 に平均をするだけでは、誤差が発生します。

Median(メディアン)とは

いくつかのデータの中で中央の値を求めます。これはデータを昇順などで並び替えた場合に、真ん中にある値を求めるものです。単純に算術平均する場合と比べて、データにばらつきがあった場合でも比較的正しい値を求めることが出来ます。

12誘導同位相計測

次に、12誘導を同時に観察します。
先ほど計測した値を、12誘導の同位相でP間隔、QRS幅、QT間隔などの計測を行います。 これによって、より正しい計測値を抽出することが可能となります。

この計測方法は、最近の心電図解析装置で採用されている新しい手法です。

従来の心電図解析装置には、代表1心拍を抽出する為には、単一誘導の2または3心拍目の1心拍のみを計測して心電図解析を行うものがありました。これでは、いくら解析論理プログラムが優秀であっても、正しい解析結果を得るのは困難です。
500は、心電図記録中にノイズが混入したり、数回とり直しをしても、比較的安定した正しい解析結果が得られるのは、以上の理由だからです。

小児心電図解析

500解析ソフトは、小児心電図解析も可能です。年齢は、1歳から正しい心電図解析を行います。

年齢(歳) 心拍数(洞徐脈) 洞頻脈
<=5 <65 >140
<=8 <60 >135
<=12 <55 >130
<=16 <50 >120
>16 <=60 >100

成人男性では心拍数の正常範囲は下記の通り

  Sinus rhythm(洞調律)

  PR interval is regular
and P waveform is constant
and -30°≦P axis≦120°
and 60≦Heart rate<100
and Max of RR interval - Min of RR interval<0.2×RR interval mean

500は、優れた解析プログラムを搭載していますが、今後も診断論理については常に見直し、より良い性能に進化して参ります。いつまでも最新プログラムを提供できるよう、頑張ります。 心電ソフトウェアのアップデートについては、弊社ホームページのサポートページからダウンロードできます。